そもそもブラック企業って?



近年何かとブラック企業が話題になっております。
労働基準法を完全に無視した長時間労働、低賃金、休日なし、セクハラなど
まともに働ける状態でない会社が問題になっているのです。

しかし、ブラック企業は今に始まった事ではなく、
昔からありました。
というよりも、専門家の間ではブラック企業は一昔前に比べ減ったと言われております。

今はネット社会ですので、少し評判が悪ければそこから情報が広まり、
社会問題となっていきます。

それでは何故急にブラック企業が取り立たされるようになったのか。
個人的には、将来への不安だと思っております。
昔なら、たとえ仕事がきつくても、その仕事をかんばることで、将来が見えてきました。
例えば、「今はきつくてもこの仕事を頑張れば将来出世できて生活が安定する」、
「ここでスキルを身に付ければ良い会社に転職できる」「手に職を見つければ将来が安定する」
などというその先が見えていました。

しかし今は閉塞感が社会にあり、この先を頑張っても将来が不安なことばかりです。
つまり、時代といっても良いと思います。
また、以前に比べ今の若い子は野心がないので、仕事が全てという方が少なくなっており、
大変な思いまでして、仕事をしたくないという意識をもっていないということもあります。


問題なのは我慢しすぎること

私は個人的に思うのは、身体を酷使してまで、ブラック企業で働く事はないということです。
そもそもブラック企業が成り立っているのは、そこで働いている方がいるからです。
休みなし、低賃金、毎日15時間を越える労働などをする必要はありません。
辞めれば良いだけです。

しかし、ブラック企業で働いている方で辞めない方の理由を聞くと、
次の仕事が見つかるか不安、正社員として雇ってくれる企業がないなどといいます。
しかし、それで我慢して仕事を続け、身体を壊してしまったら、
余計に次の仕事を見つけられなくなります。
ここで我慢するということは自分自身を追い詰め、
可能性を少なくしていることと同じです。


今は転職エージェントなど便利なサービスもある

全ての方とは言いませんが、ブラック企業で頑張って働いている方は、
それだけ仕事をしているということですので、最低限必要な技術があると思います。
それなら転職エージェントといった無料で利用できるサービスを使えば、
あなたの希望にあった転職先を探してくれます。

転職エージェンについて知りたい方は、
転職エージェントを完全攻略

転職できないと決めつけないで、行動して見てください。
特にブラック企業のような会社で長い間勤めていた方は、それだけ
根性もあり、仕事に対して責任感もあるはずです。

最低限の経験と技術があり、そうした責任感や根性がある方を欲しいと思っている企業は
決してすくなくありません。

ブラック企業が良い悪い別としても、ブラック企業で働かないことが、
ブラック企業をなくす事でもあります。
その事は理解して下さい。

最新の記事一覧